ミンガラーバー。
日本は大雪だという話を聞いていますがヤンゴンも最近めっきり寒くなりました。
といっても朝夕が20度前後になる程度ですが…
東南アジアで暮らしていると寒さ耐性がどんどんなくなっていくのを感じますね。

さて、先週ヤンゴンはお祭り週間でした。
厳密になんと呼ぶのかはわかりませんが、ヤンゴン各所で説法のイベントがあり、
夜更けまでスピーカーを介し、大音量での説法が続きました。
ミャンマーは敬虔な仏教徒(上座部仏教)が多数を占めており、先週に限らずこういったイベントは頻繁に行われています。
特に先週は高名な僧を地域単位で呼んで、説法をしてもらう、という少し特別なものだったようです。

連日深夜まで続く大音量の説法は若干の睡眠不足を生む原因になります。
ただ、少し前に外国人が説法がうるさいという理由でスピーカーのケーブルを引き抜き、
懲役3ヶ月…なんていう事件もありました。
またバガンで仏陀のタトゥーをした観光客が国外退去になったり、
仏陀がヘッドフォンをしている画像をFacebookに投稿した飲食店経営者が逮捕されたりと、
宗教に対する侮辱については厳しく取り締まられています。

なかなか外国人には理解が難しいところではありますが、郷に入っては郷に従えですからね。
こういった文化の違いを楽しめるのも海外に住む醍醐味だと思います。

【追記】
スピーカー規制に関する法律ができた、という話を聞いたので
大音量を気にしているのは外国人だけではないようですね。

IMG_7875
ステージを作ってここで説法をします。

IMG_7939
夜の説法中。