ミンガラーバー、まさかの予告通りのタイトル…ではありません。
先週のブログ更新後、翌火曜日に雨が降ってついに雨季かっ!!と思っていたのですが、
まだなんとも言えない状況です。
先週はちょこちょこ雨も降っていたのですが昨日は一日降らず、本格的な雨季到来はまだなのかな?という感じです。
ミャンマーでは「Nayon(ミャンマー暦3月)の雨が草を生む」という諺があるそうです。
Nayonは5月26日からなので、本格的な雨季はそのあとになるのでしょうか。

ちなみにミャンマー暦は太陰暦で、新月と満月の翌日が1日目になるそうです(月の変わり目は新月の翌日)。
また、グレゴリオ暦4月が新年にあたり、4月の新月25日の翌26日からKason(ミャンマー暦2月)が始まっています。
そして次のNayon(ミャンマー暦3月)は5月26日から(25日が新月)。
今年の新年(元日)は4月17日でした。
…ふむ…?なるほど…?
Takhuu(ミャンマー暦1月)は3月28日から4月25日まで。…元日が4月17日…?
ミャンマー暦、非常に難しいですね。
グレゴリオ暦で考えると1月15日くらいに元日がある感じでしょうか。
あ、4月の満月は11日なので、満月の翌日を1日目としても新年は6日目ですね。

…軽い気持ちで書き始めたものの、謎が謎を呼ぶ展開に着地点を見いだせなくなっております。
ミャンマー暦に詳しい方、ぜひご連絡ください。

とりあえず今はっきりしていることは、今年がミャンマー暦で1379年だということです。
ミャンマーの高僧、ブッパソーラハンさんが王になった日(西暦638年3月21日)がビルマ暦0年です。
これ以上詳しいことに関しては、今後調査の上、ご報告させていただきます。