みんがらーばー、あんな高校生活を送りたかったです。何一つ届きませんでした。

さて、高校の話はおいておいて、年を重ねるごとに新しいものに対する抵抗が増えてきているのを感じます。
ヤンゴンはいろいろなところで便利になっているのですが、
なかなかそれを利用するまでには至らない、なんてことが多い昨今。
そんな中、先日ついにYangon Door 2 Doorを利用しました!

サービス開始したのはいつでしょうかこれ、2年くらい前??
簡単にいえばデリバリーサービスです。
ネットで頼んで家までお届け!選べれるレストランは100以上!みたいな感じです。
宅配は自転車です。渋滞の多いヤンゴンではナイス判断!ですね。
ちなみにヤンゴン市内はバイク乗り入れ禁止です。自転車は禁止されてないんでしょうか。

というわけで頼んでみました。
割と優柔不断なのでどれにしようかな、と選んでる時点でとても時間がかかった上に
最終的にピザを選んでしまったあたりつまらない男だな、と思われてもしょうがないかと思います。
男の価値はそんなところで決まるわけではない、と声を大にして言いたいですが
自分でも散々迷って結局ピザかよ、と自覚してるのでやっぱり声は小さめでいきましょう。

頼んだのが夕方5時過ぎ、到着予定時刻は6時15分前後。
デリバリーのFeeが4,000Ksでしたがタクシーでお店まで往復することを考えると安いですね。
そしてうきうきで待つこと1時間。
来ません。
1時間半。来ません。
2時間。来ました。

ピザは冷えっ冷えでした。悲しい。届いてない。

原因は我が家の住所かなーと思います。
わかりづらいし周りに目立つ建物もないので見つけづらかったのでは、という分析。
住居表示と地図上で選択、とかにしてくれると助かるな、と思いました。
ヤンゴンの住居表示は圧倒的にわかりづらいと思います。全く同じ住所が複数あったりするし。

そんなわけで初回はいまいちな感じになりましたがまた使ってみたいと思います。
冷めたピザも美味しいです。最近災害が多いみたいなので食べられることに感謝です。
次こそは僕に届けっ!といったところでまた次回。